車イスをレンタル

母は足が悪いので、外出時には車イスを利用していました。

月に1度の通院、美容院、お正月の初詣など、車イスを利用したお陰で無理なく外出することができました。

介護用品や器具は、対象の要介護度により介護保険を適用してレンタルすることができます。

ケアマネージャーさんに車イスのレンタルを相談したところ、車イスは本来「要介護2」から介護保険の対象となるそうですが、母は「要介護1」なので対象外でした。

ただ、「要介護1」でも、車イスを利用することにより行動範囲が広がり生活が活発になるなら例外が認められるそうで、レンタルすることができました。

早速、業者(パナソニックエイジフリー)の方が来てくれて、カタログを見ながら車イスを選び、持ってきてくれました。

レンタルにすると、定期的に点検に来てくれタイヤの空気入れもしてくれました。不都合があれば機種変更など親切に対応しもらえます。費用も1割負担なので、月額500円で利用することができました。

車イスで電車に乗ることがあり、駅員さんにサポートを受けたこともあります。 駅員さんにお願いすると、ホームに保管してある「スロープ」を取り出し、電車が着いたら電車とホームの間にスロープを設置してくださいました。
そして、下車駅でも駅員さんがスロープを用意して待っていてくれるのです。

車イスを利用する場合は、利用駅のエレベーターの有無や位置を調べ、広い改札口を利用します。

足が悪い母をサポートしながら歩くより、車イスの方が、速くて安心です。もっと早くから車イスを利用すれば良かったと思ったくらいです。

何か不都合なことがあったら、ケアマネージャーさんに相談し、介護用器具のレンタルを利用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です