特養の形態と費用

特別養護施設には、「従来型」と「ユニット型」があります。

●従来型は、4人部屋(多床室)が主流ですが個室もあります。

●ユニット型は、全室個室で10人位の少人数グループに分かれ介護されます。ユニット毎に共有スペースを設け、ユニット毎の介護なので、入居者に合わせたケアがしやすいというメリットがあります。

特養は入居一時金はかかりません。月々かかる「住居費」と「食費」ですが、「住居費」については、「ユニット型個室」「従来型個室」「多床室」に分かれています。

さらに、それらの費用は所得状況を示す「利用者負担段階」により、負担額が異なります。

●第1段階: 住民税世帯非課税の老齢福祉年金・生活保護受給者
●第2段階: 住民税世帯非課税で年金と所得合計が80万円以下
●第3段階: 本人・世帯全員が住民税非課税で第2段階以外
●第4段階: 同じ世帯内に住民税課税(一般)

「利用者負担段階」第1段階~第3段階に認定されると、住居費と食費負担を軽減することができます。

それぞれの場合の住居費と食費を1ヶ月(30日)として記載します。

★ユニット個室の場合
(第1段階) 住居費 24,600円  食費   9,000円
(第2段階) 住居費 24,600円  食費 11,700円
(第3段階) 住居費 39,300円  食費 19,500円
(第4段階) 住居費 59,100円  食費 41,400円

★従来型 個室の場合
(第1段階) 住居費   9,600円  食費   9,000円
(第2段階) 住居費 12,600円  食費 11,700円
(第3段階) 住居費 24,600円  食費 19,500円
(第4段階) 住居費 34,500円  食費 41,400円

★従来型 多床室の場合
(第1段階) 住居費    0円  食費  9,000円
(第2段階) 住居費 11,100円  食費 11,700円
(第3段階) 住居費 11,100円  食費 19,500円
(第4段階) 住居費 25,200円  食費 41,400円

※「特別養護老人ホーム入所申込書兼調査書」の資料(H29.4.1)より

このように特別養護施設には2種類あること、所得状況により費用が異なることを踏まえ、「利用者負担段階」の認定が受けられる場合は申請することをお勧めします。

※「利用者負担段階」の詳細は、こちら をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です